私の住む田舎での自動車事情

田舎では日本全国どこも同じ話かも知れませんが、私の住んでいる地域でも自動車は文字通り住民の足です。ですから、私の地域では自動車免許を取れる年になれば誰もが自動車教習所に行き自動車免許を取得し、自動車を購入しそして毎日のように自動車に乗るのが当たり前の地域です。
そのため、自動車は一家に一台ではなく大人一人に対して一台がが標準的な地域です。このような地域では自動車がステイタスシンボルにもなりますが、誰もがそれほど年収があるわけではないので、どの家庭でも乗っている自動車は似たり寄ったりになります。
しかし、どの家庭でも廃車寸前のボロイ自動車に乗ってる方はなく、多くの家庭ではトヨタや日産といった国産車のファミリーカーとスズキの軽自動車といった組み合わせの家庭が多いようです。
おそらくはファミリーカーはご主人が通勤に使うものであり、家族で週末に使うものとしてその自動車に乗車していていて、国産の軽自動車は奥さんが子供たちの学習塾への送り迎えに使ったり、または買い物に出かけるときに使われているものだと思います。
ただ、最近はどの車種でもハイブリッドカーの数が増えたような気がします。
特に自動車には強いこだわりがないにとっては、軽自動車という自動車は小回りが利いて運転があまり得意ではい人でも運転しやすいですし、もちろんセダンタイプの普通自動車に比べて燃費もいいので、その自動車は多くの人に支持されているのだと思います。