ヨーロッパホンダのハイブリッドの展開

ホンダは2017年のジュネーブモーターショーで2025年までに、ホンダの欧州販売の3分の2を、水素やハイブリッドなども含めた電動車両にするという目標を掲げ、さらに2018年には2モーターの新世代ハイブリッド車を販売する計画を明らかにしたのですが、現時点でヨーロッパホンダのハイブリッド車はNSXしかなく、過去に販売されていたフィットハイブリッドやインサイトは1モーター式の過去のもので販売終了になり、現在日本国内のみで販売されている1モーター式のフィットハイブリッドやヴェゼルハイブリッドなどヨーロッパに入るかは微妙なところですし、2018年導入の2モーターのハイブリッドの条件にはあっていません。日本のホンダの2モーターハイブリッド車はアコードとオデッセイなのですが、オデッセイは日本専用です。また、ヨーロッパではアコードは先代モデルで廃止されており、先代モデルよりも大きいアメリカ主体に作られた現行アコードハイブリッドが入るのか難しいところでもあります。中国専用のスピリアハイブリッドと言うセダンもアコードよりはやや小さく可能性はあるか?というところです。ヨーロッパに入る新しいハイブリッド車は何になるのかは、現在ヨーロッパで販売されている車で当てはまるのがないという自体でもあり、一時期海外で噂になったCR-Vのプラグインハイブリッドやシビックハイブリッドの復活、さらに未知の新たなるハイブリッドカーの登場も視野に入れて考えるような状況になっています。一方、電気や水素の電動車はクラリティシリーズが入るのは確定的と思われます。